top of page

畳のある空間コンペ(町田デザイン建築専門学校)

産学ネットワーク展  2024年2月16日(金)~18日(日)

今年も、町田デザイン&建築専門学校の建築科の学生がたによる「畳のある空間コンペ」が開催されました。

コンペに参加された学生達が、テーマを設けてデザインし、建築模型を作った中から “優秀作品”として選ばれたのは下記の「蓮華坐」です。


最優秀作品は 実際の大きさで作り上げるというのも毎年の通り。

使用する畳表はダイケン健やかおもての「穂波01~新銀白色×銀白色×若草色」「綾波01~銀白色」

畳縁は高田織物の「高麗No1 大紋白」「高麗No2 大紋黒」ということでメーカーにお願いして提供していただきました。


1月中旬に優秀作品が決まってから、2月の「産学ネットワーク展」に完成品を展示することになるのですが、今回は、自分たちで畳を作ってみたいということ。

しかも蓮の花を模した円形の畳に切り込みを入れるという難しい形のもの。

これは全くの素人では難しいという判断で、プロの畳屋さんに基本的なことを指導していただきました。

散々 畳作りに苦労して出来あがったのが 下記の作品。 

無事に産学ネットワーク展の展示に間に合わせることが出来たそうです。

完成してみると 何やら宗教的なものを感じる面白い空間が出来あがりました。

発想通りのものが出来たかな?

指導していただいた畳店の畳の出来評価は「よく出来ました!」と好評価でした。


若い学生達の自由な発想は 新しい畳空間を生み出す力になるような気がします。


文責・内藤誠治

コメント


bottom of page